ポッドキャスターになる意味【音声メディア】

Podcasterの収入?

Youtuberが華々しい存在感を示すなか、
ポッキャスト配信者となるのはどういう意味があるのか、少し書きたいと思います。

リスナーが少ない

Youtube動画の視聴者と比べると、ポッキャストのリスナーなんてほんと一握り。

有名ポッドキャスターでさえ、「稼ぐ」という段階までたどりついているのは、
日本ではほとんどみかけません。

(※海外の大物ポッドキャスターの収入はなかなか凄いことになってますが)

華々しいユーチューバーの影に隠れ、今日もポッドキャスト配信者は収録を続けます。

・・でも気軽にできるから楽しいんですね。
視聴者が少なくても一人でも聴いてくれる方がいれば、励みになります。
文字よりその気持ちはより強くなります。

ということで、ポッドキャスターは今日もいそいそと音声を収録します‥

有名なポッドキャスターでさえ、Youtuberほどの収入を得るのは
現段階の日本ではまず無理かと。まあ将来は「プロポットキャスター」なる収入で生活できるような人が日本人でもでてくるかもしれませんが。

アメリカでさえ、まだはっきりとしたビジネスモデルがなく。
マネタイズがやりにくい分野であるといえるでしょう。ポッドキャスターとは何かを再び考え直す段階にきているかと。


しかし収入に変えにくいポッドキャストも、ブランディングという意味では非常に大きな役割を持つ、と僕は思ってます。

インフルエンサーの方は、今すぐやるべきかと。スマートスピーカーも普及してきてますしね。

やっぱり”感情”を伝えるという意味では、テキストでどう頑張ってもできないことを、
声ではいとも簡単に届けることができます。

「声で自分の思いを伝えたい」そんな方にとって、
ポッドキャストをやる意味は十分にあるかと思います。
ユーチューブと違って、顔も出さずに済みますしね。

ゲイポッドキャスターが増え続けるのもこうした背景があるのかも。
顔出しもしなくてよいですしね。

ブランディングについては、また別の記事で書こうと思います。

ポッドキャスト配信者・ポッドキャスター向けの新番組もぜひ。

ポッドキャスト論まとめ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA