Spotifyは2019年もポッドキャストへ注力するらしい

【Podcast×スポティファイ】

あのSpotifyが、2019年さらにPodcastへ注力していくとのこと。
TechCrunchの記事が非常に興味深かったので、軽く紹介します。

気になった部分を軽く箇条書きで。

・すでにスポティファイはポッドキャストの広告収入を二倍にしている

・ 世界最大規模のエレクトロニクス見本市「CES2019」でも、Spotify Studioのトップがポッドキャストに力を入れていくことを宣言。
→CESという大舞台でPodcastについて話すというのは、わりと心強いかと。

・Spotifyでポッドキャストを聴くようになったユーザーは、音楽も含め、よりSpotifyアプリに時間を使うようになった(つまり音楽から離れたわけではない)
→音楽を聞く時間は減っているのかと思いきやそうではないらしい。

この記事で特に印象に残ったのは、

In growing its collection of originals, the company found that podcasters who joined Spotify exclusively were actually able to grow their audience, despite leaving other distribution platforms.

Spotify’s increased focus on podcasts in 2019 includes selling its own ads

という部分。

つまり、
「他の配信プラットフォームを捨てて、Spotify独占にすることで、以前よりも購読者が増えた」
とのこと。

個人的にはかなり意外でした。
iTunesやGoogleなど他のポッドキャストアプリでのユーザーを捨てたのに、
独占にしたことで購読者が伸びる、ってなんとも不思議な感じ。

「Spotifyでしか聞けない」というようなプレミア感のあるほうが、
注目されたということでしょうか。

独占配信にすることで、
配信者の方もリスナーが増え、Spotify側も独自コンテンツを持てるのであれば
まさにWin-Winの関係と言えるでしょう。

NPRがリスナーの行動を追えるシステムを構築中

動画配信の分野では、Netflixが結局は独自コンテンツの部分で差をつけてきてますし、
Spotifyとしても独自コンテンツを増やさない手はないでしょう。

他の「Apple Music」「Google Play Music」「Amazon Prime Music」などの音楽サブスクリプション型サービスと
音楽のアーティストの奪い合いをしているだけでは、
手詰まり」と感じていることもあるかと。

そんな背景もあってか、
スポティファイはPodcast配信者の囲い込みの動きをかけているようです。

広告の頻度も増えているような… ちょっとうざいぐらいに。

宣伝をブロックする・消す方法もあるとかないとか。
これからポッドキャスト界はどうなっていくんでしょうかね~

ポッドキャストやってます。

iPhone/iTunesで聴く→ https://itunes.apple.com/jp/podcast/世界のねじを巻くラジオ-ゲイのねじまきラジオ/id1409236261?l=en

Spotifyで聴く→https://open.spotify.com/show/6ComJ7U0Y0yJ9DM1eEt9jj?si=FlR5lp6VTQuDe86DH125VAr



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA