エルカミーノ:『ブレイキングバッド』の新作映画【Netflix】

【El Camino 感想レビュー】

海外ドラマの名作『Breaking Bad』の最新作『エル・カミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』の映画がNetflixで公開。
タイトルのエル・カミーノの意味はスペイン語で”The Road” つまり ”道”という意味だそう。
そして車の車種の名前エルカミーノ(シボレー)だそうですね。

ジェシー・ピンクマンが歩む道を指したタイトルでしょうか。

ネタバレありなので、ご注意を。

前作のブレイキングバッドについて説明すると、
“悪を壊す” というタイトル通り
化学の先生である主人公が癌を宣告され、
家族のためにお金を残すため、ドラッグを売りさばき、悪者以上にワルになっていくという物語

ドラッグカルチャー好きの方は必見の海外ドラマ。

今回のエルカミーノは、
ウォルター・ホワイトとともに苦楽を共にしたジェシーピンクマンを中心にストーリーが書かれています。

ネタバレなしで話すのが難しすぎるので、後半のネタバレはご注意ください。

箇条書きで感想・レビューを書いてみたいと思います。(※徐々に追記していきます)
近日中にポッドキャストで熱く語りたいと思います。

マイクと二人のシーン
ジェシーが監禁されている頃
ラストシーンの続き

がバランス良く織り込まれていて、前作のファンなら間違いなく楽しめる出来になってます。

若干、サプライズがないのでがっかり・微妙だった、と思う方もいるかもしれませんが、
これがジェシーの道、なのでこれを暖かく見守りたいと思います。

  • 今までのエピソードの振り返り・あらすじを数分で説明してくれる
  • OPはマイクとジェシー二人のシーン
  • 原作の雰囲気はしっかり残ってる(演出もバッチリ)
  • チンピラ二人が元気そうでなにより。
  • ストーリーがどうしても重くなりがちなのは仕方ないかお
  • マグネッツ!!ビッチ!!
  • トッド・アルキスト役の人がが太ってる
  • 緊張感は原作の方があるかも
  • 音楽のチョイスはいつもどおり抜群のセンス。
  • お馴染みのカメラのタイムラプスもあり。
  • トッドがやっぱりデブ。
  • まさかの西部劇風早撃ち対決。”ラストフロンティア”を強調してたのはそういうことなのね。
  • 「ベターコールソウル」を見てなくても楽しめる
  • ウォルター・ホワイト(先生)も登場。
  • メキシコじゃなくてアラスカへ行くのか。ラストは納得。

ちなみにNetflixで流れるトレイラー予告の音楽は、
「Black Water / Ruben And The Dark」という曲。 エルカミーノ感想・レビューNetflix

【ネットフリックスの話題作】

海外のSNSでも話題になっており、ずっとネトフリ配信を楽しみにしてました。

海外ドラマ好きなら「ブレーキングバット」を
今からシーズン1を見ても決して損はしないはず。
シーズン2まで観て、ハマらないなら見るのをやめてもいいかも。

一度は騙されたと思ってネトフリで見てみてください。
一気にシーズン5まで見てしまうこと間違いなし。

エルカミーノも、ジェシーファンなら本編よりも楽しめるかも。スラングもバンバンでてきます。

ポッドキャストやってます。
近日中にPodcastで熱くエル・カミーノを語る予定。

映画や音楽、旅行についても熱く語るネットラジオ。「ねじまきラジオ」で検索を!

iPhone/iTunesで聴く
https://itunes.apple.com/jp/podcast/世界のねじを巻くラジオ-ゲイのねじまきラジオ/id1409236261?l=en

Spotifyで聴く→

Netflix vs Hulu 動画配信サービスの戦争 #021

メイキングシーンを集めた13分の『舞台裏』もビデオが上がっているので、ファンの方はぜひチェックを。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA