ポッドキャストのマネタイズ方法を5つ真面目に考えた

Podcastの収益化

誰もが気になる、ポッドキャストで稼ぐ方法。

まだまだ日本ではリスナーが少ないので
現状、お金を稼ぐ・収益化するとなるとかなり難しい、といえるでしょう。

とはいえども、それで終わってはポッドキャスターの顔がたたないので、
真面目にアイデアを5つ考えてみました。

マーケティングに活用する

ポッドキャストで一番有効なのは、「ブランディング」でしょう。
自社のサービスや商品の魅力を伝え、
購買につなげる感じです。これは中小企業でも活用できそうですね。

宣伝と感じさせない工夫がとても重要かと。

宣伝・CM費用をもらう

簡単にいうと、「スポンサーをつける」ということ。
企業のCMをポッドキャスト中に流し、
その宣伝費としてお金を頂くイメージです。

アメリカをはじめとする海外では少しずつ増えてきてますね。
相当な再生回数と購読者がいないと「稼げる」という段階にいくには難しいでしょうね。

以前紹介したJoe Roganとかだと、収入的には凄いことになってます。

グーグルの新サービスに期待

ホームページやブログだと、
Google Adsenseなどの
アフィリエイトが主な収益となります。

しかし現状、
ポッドキャストではあまりアフィリエイトは
主流ではないです。

上のスポンサーをつける、と似てますが、
Googleが新しいポッドキャスト向けアフィリエイトサービスをする、
という噂もあるので、収益化をしたい方はこちらに期待してもいいのではないでしょうか?

Anchorで投げ銭を募る

ポッドキャスト配信アプリ「アンカー」では、
リスナーから投げ銭をもらうことができます。(※アメリカ版のみ)

人気のポッドキャスターはこれを利用するのもアリでしょう。
いわゆる”お布施” 的なやつです。

グッズ販売

ちらほら日本でも見かけますが、
ポッドキャスト番組にちなんだグッズを売るという方法。

Tシャツやマグカップなどが無難ですね。
送料がいらないダウンロードコンテンツなどもいいかもしれません。

「有料会員限定コンテンツ」的なのも流行りつつあります。

noteでノウハウ販売

ノウハウを販売できる「note」で
ポッドキャストのテクニックを販売する、というのもいいかもしれません。

稼ぐ、と聞くと嫌らしく聞こえますが、
ポッドキャストの初期投資は何気にお金がかかるので、
少しぐらいはマネタイズや収入を得るの流れがあってもいいかと思います。
最近は audiobook.jpさんが日本でもマネタイズを試みてますので注目。

ねじまきラジオは今のところ収益化は考えてないのでご安心を。

ポッドキャストやってます。
世界一周旅行や、音楽・映画・ゲイの話題について語ってるのでぜひ↓

iPhone/iTunesで聴く
https://itunes.apple.com/jp/podcast/世界のねじを巻くラジオ-ゲイのねじまきラジオ/id1409236261?l=en

Spotifyで聴く→ https://open.spotify.com/show/6ComJ7U0Y0yJ9DM1eEt9jj

エピソード一覧 (Episode List)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA