RevueかSubstack、ニュースレターサービスを比較してみた

レヴーorサブスタック

日本でも流行りつつあるニュースレター配信。

RevueとSubstack、
どちらを使うべきか、
迷っている方も多いと思いますので、
大手ニュースレターサービスを簡単に比べてみました。

レヴーとサブスタック比較

Substackの長所・短所

長所

・埋め込みのデザインがきれい&わかりやすい

・ユーザー数が多い

・登録しやすい仕組み

・テキストエディターがシンプルでかなり使いやすい

短所

・Twitter、SNSの連携が微妙

・手数料が高い

 

Revueの長所・短所

長所

・ツイッターのツイートをニュースレターに埋め込める

・ツイッターやその他SNS(Facebook, Medium)との連携が便利

・(収益化する方は)手数料が低い

短所

・Web埋め込み(ウィジェット)がない?

・Confirmationのワンクッションを置かないと購読できない?

・ユーザー数は少ない

・https(SSL)非対応?

・テキストエディターにちょっと癖があって使いにくい

 

ざっくり書くとこんな感じ。

 

・ユーザー数が多いサービスを使いたい

・他のメルマガをたくさん読みたい

・読者にとって使いやすい(登録しやすい)

・開封率、リンクジャンプの詳細 などの分析を知りたい

という方は Substack

 

・Twitterのフォロワーが多い、

・収益化を考えている

・週次レビューを知りたい

という方はRevue

をおすすめしたい、というのが個人的な感想です。

メリット・デメリットや、
それぞれのデザインの好みを比較して、

お好きなサービスを使ってみてください。

 

Substackの方が埋め込みのWebパーツの見栄えがきれいなので、
個人的にはサブスタックをメインに使いたいなぁ、という感じ。

ランディングページに飛んだあとのデザインは
Revueの方が優れているように感じました。

Revueでのランディングページはこんな感じ→ ねじまき通信

ツイッターとの連携がうまく一般ユーザーにも浸透すれば、
日本でももしかしたらRevueがヒットするのかも。

僕はマネタイズなど全く考えてはないですが、

ブロガーやライター、ポッドキャスト配信されている方も
気軽に収益化できる環境が出てくるといいですね。

レビューかサブスタックか、
どちらが使いやすいのか
それぞれの特徴を踏まえてざっくりと比較してみました。 (※徐々に追記していく予定です)

厳選ニュースやおすすめの音楽・本を紹介するニュースレターを月1回配信してます。
購読(無料)はこちらより。捨てアドでもいいので登録してみてください!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA