新潮社とアマゾンがAudibleでコラボするかも?

【出版社と音声コンテンツ】

新潮社とアマゾンが、オーディオブック配信サービス
「オーディブル」でコラボ的なことをするかも、という話をとある記事で読みました。

“日本の出版社とアマゾンはものすごく仲が悪いもの”
と勝手に思ってましたが、
最近はどうやらそうでもない感じ。

新潮社のほうは音声メディアに進出したく、
Amazonは新潮社のコンテンツが欲しい、

というWin-Winの関係ができたからだとは思いますが。

具体的な案として、

まず音声コンテンツからAudibleで配信して、
その後、紙の本として出版するという話がでているそうです。

保守的な出版社が動き出したのはいいことなんですが、
日本の市場を虎視眈々と狙うAmazon、
さすがというかなんというか。

今後もオーディブルの進展も、ポッドキャストを絡めて書いていきたいと思います。

ワンダリーをアマゾンが買収したい理由【ポッドキャスト】

無料購読はこちら (Subscribe to Podcast)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA